東工大の屋上から東京スカイツリーと東京タワーが同じ大きさに見える!

東工大大岡山キャンパスのシンボルであり、すべての東工大生が愛する要塞建築、本館。
今日は、その東工大本館の裏側と屋上を紹介します。
※画像はクリックで別ウィンドウに拡大されます。

東工大本館の屋上 裏から見た時計台
↑裏側から見た東工大本館の時計台。裏側も同じデザインだし時計もちゃんとついている。
昔はこの時計台に登ることができて、中にはサークルの部室があったのだが、
避難経路が存在しないことが消防法に引っかかるとのことで通常では立入禁止になってしまった。

東工大本館の屋上 短波アンテナの設営
↑東工大本館の屋上には無線研究部というサークルの短波アンテナが張られている。
これらのアンテナから電波を出して、電離層と地表との間を反射させることで地球の裏側を含めた世界中と交信ができる。


東工大本館の屋上 東京タワーとスカイツリーが同じ大きさに見える
↑東工大本館の一番の売りは「東京タワーと東京スカイツリーが同じ大きさに見える」こと。
東京スカイツリーと東京タワーのそれぞれの頂点を結んだ直線は奥沢駅あたりで地表と交差するらしい。
そこから少しずれた東工大は、2つがほぼ同じ大きさに見える良いスポットだ。

東工大本館の屋上 スカイツリーと東京タワーが同じ大きさに見える
↑東工大の屋上から、望遠で拡大した東京タワーと東京スカイツリー。

東工大本館の屋上 夕焼けの中、スカイツリーと東京タワーが同じ大きさに見える
↑上の写真と同じく、東工大の屋上から東京タワーと東京スカイツリー。夕方の夕焼けのなかの様子。


スポンサーサイト

Tag:大岡山自然公園  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロフィール

学生超支援課

Author:学生超支援課
Titechのマジメな学生をマジメにフザケながらサポートする非公式組織です。
※東京工業大学と公式な繋がりはありません。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR