最強の深層学習マシンTSUBAME3.0 ついに現る!

東京工業大学 学術国際情報センターでは、国内最大となる深層学習(ディープラーニング)の演算性能を持つスーパーコンピュータの次世代機「TSUBAME3.0」を2017年7月末頃に稼働予定。




米エヌビディアのPascal世代GPU(グラフィックス処理プロセッサ)「Tesla P100」を2160個搭載。
これまでのTSUBAME2.5 の科学技術計算に加え、人工知能(AI)やビッグデータ分析といった産業用途に近い分野での活用を見込む。

米国ヒューレット・パッカードのグループである日本SGIがTSUBAME3.0の構築担う。5年間利用料、お値段なんと約34億円(税別)!これはお買い得ですよ!

理論演算性能は、深層学習の演算に使えるデータサイズ16ビットの半精度演算で47.2ペタFLOPS(1秒当たりの浮動小数点演算回数)。継続稼働する現行機「TSUBAME2.5」と合わせると圧倒的計算力の64.3ペタFLOPSとなる。

さらにそれだけではありません、このTSUBAME3.0、超省エネ性能を誇ろうとしています。今の時代、数の暴力で年間数十億円の電気代をかければスパコンはいくらでも大きくなるが現実的ではない。液浸スパコンTSUBAME-KFCなどの知見も活かして、TSUBAME3.0は圧倒的な省エネスパコンになる予定です。

TSUBAME3.0が稼働すれば、日本にグーグルに伍する深層学習インフラを提供することになる。「人工知能の分野で、米グーグルなど海外勢に伍するだけのインフラを提供する」というものだ。国内の研究者やエンジニアは、産業技術総合研究所が構築する「AI橋渡しクラウド(ABCI)」と合わせ、2017年までに200ペタ、つまり0.2エクサFLOPSの演算性能を使えるようになる。

安く、省エネに、「みんなのスパコン」。TSUBAMEの今後の躍進に期待です。



元記事: http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/021600828/?n_cid=nbpitp_twbn_top&rt=nocnt
スポンサーサイト

Tag:サービス紹介  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

学生超支援課

Author:学生超支援課
Titechのマジメな学生をマジメにフザケながらサポートする非公式組織です。
※東京工業大学と公式な繋がりはありません。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR