東工大本館中庭の講義棟はやっぱり話題になるよな

工大祭で東工大本館を訪れた人の間で話題になっているようです。
東工大本館中庭の講義棟、オブジェクトの配置ミスみたいって。

あれ、作ってる最中に僕は本館地下のほぼ目の前の実験室でよく仕事してたんですが、
「え、これ完成じゃないよね? 下に何か入れるよね??」って毎日のように思ってるうちにあれで完成になってしまいました。

本当にあれはただの飾りみたいです。周りのもとからある部分の本館にアーチが多いので、それと調和を取るために後付の講義棟にもアーチの飾りを取り入れた、ただアーチ作るのだとつまらないので浮かせてみた、ということなんですかね。

個人的には、大岡山自然公園で遊び回る子供がうろちょろしたら頭ぶつけそうで怖い、って思ってしまうけど、そもそもが一般人立入禁止区域だしそこまで考えなくて良いのかな。
スポンサーサイト

Tag:大岡山自然公園  Trackback:0 comment:0 

死ぬほど頑丈な東工大本館と東京大空襲

奇妙奇天烈中たちをしている東京工業大学(東工大)の本館
前後左右の対称性が微妙に崩れていることから、新入生にとってはまさにダンジョン、目的の講義室や実験室にたどり着くのは1つの難関となっている。
東京工業大学(東工大)本館の空撮 Google Earthより 直上からの眺め


なぜこんなに奇妙な形をしているかというと、東工大が以前立地していた蔵前の地にあった建物が1923年の関東大震災で全滅したことに対する怒りによって最強の建築にしてしまったからである。


東工大本館は鉄板コンクリート造りと言われている。
細かく区切られた部屋のそれぞれが鉄板で囲われている。
そのため、東工大本館はたとえ空爆や艦砲射撃の直撃を受けても、各部屋ごとのダメージに抑え、建物全体に対するダ<メージを最小化しているのである。


では、この最強の東工大本館、一体何の役に立ったかというと、非常に残念なことに、東京を空襲するアメリカ空軍にとって東工大本館jは格好の目印になった、ということである。
東京工業大学(東工大)本館の空撮 Google Earthより 斜め上からの眺め
当時の東工大にはまだ背の高いビルはなく、まさにその名の通り大岡山という小高い丘の上に立つ奇妙な形の死ぬほど頑丈な建物であった。
南方から攻めてくるアメリカ空軍、多摩川越えてちょっとすると丘の上には奇妙な東工大本館、
  「ヨッシャアここから先が東京都心、爆撃するやで~」
とありがたく使ったことも納得である。


誠に残念な東工大本館であるが、現在では第3次世界大戦に備えて戦術核兵器の直撃を受けても倒壊しないように補強工事が計画されているという。
次こそは日本の役に立つことを祈ろう。

Tag:大岡山自然公園  Trackback:0 comment:0 

東工大本館の地下に隠された秘密通路…

国立大岡山自然公園付属東京工業大学(東工大大岡山キャンパス)のメインシンボルとして名高い東工大本館。

実は東工大本館の下には隠された地下通路があるのです。


これが、その東工大本館の地下通路の入り口である。
東工大本館の下にある秘密の地下通路 入口は二食目の前の坂
東工大本館の地下1Fにある第2食堂(にしょく)の目の前、西3号館へと繋がる陸橋部分の下側である。
コンクリートで覆われた擁壁の一部に、何故か四角い穴が開いている。

東工大本館の下にある秘密の地下通路 1人がやっと通れる
↑秘密通路の中の様子。

東工大本館の下にある秘密の地下通路 入口を振り返って
↑中から入口を振り返って。

東工大本館の下にある秘密の地下通路 奥へと進む
↑本館の地下へと向けて進んでいく。

東工大本館の下にある秘密の地下通路 大量のミミズが
↑途中の小さな横穴やコンクリートの隙間には大量のミミズが巣食っている。

東工大本館の下にある秘密の地下通路 蜘蛛の巣だらけ
↑また、中は蜘蛛の巣だらけ。

東工大本館の下にある秘密の地下通路 使われていない電球
↑使われていない電球がぶら下がっている。かなり古いタイプのようだ。

東工大本館の下にある秘密の地下通路 横方向への丸い配管
↑途中には横方向への丸い配管がある。

東工大本館の下にある秘密の地下通路 横方向への丸い配管の様子
↑丸い横方向への配管。流石に入らない。

東工大本館の下にある秘密の地下通路 上にはマンホールがある
↑見上げるとマンホールがある。
たぶん本館の生協の下辺り。

IMG_1264.jpg東工大本館の下にある秘密の地下通路 終点は生協を過ぎて中庭の下辺り
↑終点は生協を過ぎて中庭の下辺り。

というわけで、これは東工大本館地下の秘密通路ではなくて、かつて使われていた共同溝のようである。

東工大本館には隠された古い設備が本当にたくさんあります。

例えば、後方の階段下の収納スペースにかつての木製薬品棚が隠されているとか…

ぜひいろんなアドベンチャーをして、東工大本館に隠された秘密を探してみてください。

Tag:大岡山自然公園  Trackback:0 comment:0 

東工大の屋上から東京スカイツリーと東京タワーが同じ大きさに見える!

東工大大岡山キャンパスのシンボルであり、すべての東工大生が愛する要塞建築、本館。
今日は、その東工大本館の裏側と屋上を紹介します。
※画像はクリックで別ウィンドウに拡大されます。

東工大本館の屋上 裏から見た時計台
↑裏側から見た東工大本館の時計台。裏側も同じデザインだし時計もちゃんとついている。
昔はこの時計台に登ることができて、中にはサークルの部室があったのだが、
避難経路が存在しないことが消防法に引っかかるとのことで通常では立入禁止になってしまった。

東工大本館の屋上 短波アンテナの設営
↑東工大本館の屋上には無線研究部というサークルの短波アンテナが張られている。
これらのアンテナから電波を出して、電離層と地表との間を反射させることで地球の裏側を含めた世界中と交信ができる。


東工大本館の屋上 東京タワーとスカイツリーが同じ大きさに見える
↑東工大本館の一番の売りは「東京タワーと東京スカイツリーが同じ大きさに見える」こと。
東京スカイツリーと東京タワーのそれぞれの頂点を結んだ直線は奥沢駅あたりで地表と交差するらしい。
そこから少しずれた東工大は、2つがほぼ同じ大きさに見える良いスポットだ。

東工大本館の屋上 スカイツリーと東京タワーが同じ大きさに見える
↑東工大の屋上から、望遠で拡大した東京タワーと東京スカイツリー。

東工大本館の屋上 夕焼けの中、スカイツリーと東京タワーが同じ大きさに見える
↑上の写真と同じく、東工大の屋上から東京タワーと東京スカイツリー。夕方の夕焼けのなかの様子。


Tag:大岡山自然公園  Trackback:0 comment:0 

東工大大岡山キャンパス 新緑のイチョウ

東工大大岡山キャンパスにも新緑の季節がやってまいりました。
銀杏並木は緑色に染まっています。

東工大大岡山キャンパスのイチョウ並木 新緑の季節
東工大はもちろん、世間でも「萌える」という単語が主にオタク系イラストに対して使われるようになって久しいですが、本来の用法なら、この季節の新緑にこそ「萌え立つ緑」等の表現を刷るのが相応しいのかもしれません。

東工大大岡山キャンパスのイチョウ並木 新緑の季節
イチョウは銀杏が落として悪臭を放つのが難点ですが、こうして眺めていると、こうも美しいフォルムの大型生物もなかなかいないな、という気にさせてくれます。

Tag:大岡山自然公園  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

学生超支援課

Author:学生超支援課
Titechのマジメな学生をマジメにフザケながらサポートする非公式組織です。
※東京工業大学と公式な繋がりはありません。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR