東工大院試の過去問

東京工業大学の公式サイトには修士課程・専門職学位課程入試の過去問題を掲載しています。
学科ごとに一覧になっています。

http://www.titech.ac.jp/graduate_school/admissions/past_exam_papers.html

公式のサイトには1年分の院試過去問しか載っていませんが、
それぞれの学科のサイトに行くと、複数年度分の院試の過去問が載っていたりしますので、
よく確認してみましょう。

大学入試と違って、大学院入試は研究室の戦力を採用するための試験になるため、
どういう学生を取りたいか、教員の専門分野にかなり依存してます。

過去問だけでなく、自分の行きたい専攻の教員の担当している授業や研究テーマをしっかりと抑えて
対策勉強をすることが重要になります。

それにしても、うわーー。
これ見ると自分は二度と東工大の院に入れない気がしてくるぞ…w




スポンサーサイト

Tag:サービス紹介  Trackback:0 comment:0 

最強の深層学習マシンTSUBAME3.0 ついに現る!

東京工業大学 学術国際情報センターでは、国内最大となる深層学習(ディープラーニング)の演算性能を持つスーパーコンピュータの次世代機「TSUBAME3.0」を2017年7月末頃に稼働予定。




米エヌビディアのPascal世代GPU(グラフィックス処理プロセッサ)「Tesla P100」を2160個搭載。
これまでのTSUBAME2.5 の科学技術計算に加え、人工知能(AI)やビッグデータ分析といった産業用途に近い分野での活用を見込む。

米国ヒューレット・パッカードのグループである日本SGIがTSUBAME3.0の構築担う。5年間利用料、お値段なんと約34億円(税別)!これはお買い得ですよ!

理論演算性能は、深層学習の演算に使えるデータサイズ16ビットの半精度演算で47.2ペタFLOPS(1秒当たりの浮動小数点演算回数)。継続稼働する現行機「TSUBAME2.5」と合わせると圧倒的計算力の64.3ペタFLOPSとなる。

さらにそれだけではありません、このTSUBAME3.0、超省エネ性能を誇ろうとしています。今の時代、数の暴力で年間数十億円の電気代をかければスパコンはいくらでも大きくなるが現実的ではない。液浸スパコンTSUBAME-KFCなどの知見も活かして、TSUBAME3.0は圧倒的な省エネスパコンになる予定です。

TSUBAME3.0が稼働すれば、日本にグーグルに伍する深層学習インフラを提供することになる。「人工知能の分野で、米グーグルなど海外勢に伍するだけのインフラを提供する」というものだ。国内の研究者やエンジニアは、産業技術総合研究所が構築する「AI橋渡しクラウド(ABCI)」と合わせ、2017年までに200ペタ、つまり0.2エクサFLOPSの演算性能を使えるようになる。

安く、省エネに、「みんなのスパコン」。TSUBAMEの今後の躍進に期待です。



元記事: http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/021600828/?n_cid=nbpitp_twbn_top&rt=nocnt

Tag:サービス紹介  Trackback:0 comment:0 

金曜ロードショー『風の谷のナウシカ』をやる!

今週金曜に、日テレの金曜ロードショーで『風の谷のナウシカ』をやりますね。
ジブリが世界に名を広げる最初の1歩になった劇場版アニメが風の谷のナウシカです。
ちなみに、いま人気の庵野秀明監督の『シン・ゴジラ』、劇中の後半では破壊光線を吐き散らかして暴れていましたが、庵野秀明監督が実は風の谷のナウシカの巨神兵のシーンを作画しています。


というわけで、予習も兼ねて風の谷のナウシカのナウシカの全セリフ紹介のページでも読んでおこうかなと思います。
風の谷のナウシカ 腐海の奇妙で有毒な生き物

Tag:サービス紹介  Trackback:0 comment:0 

祝!! 東工大SSL-VPN、ついにWindows8対応!!

東京工業大学のSSL-VPNがついにWindows8に対応しました!!

http://portal.titech.ac.jp/ezguide/sslvpn.html

これで自宅にいながらも、論文をダウンロードすることができます!!!
テーマ : 大学生活
ジャンル : 学校・教育

Tag:サービス紹介  Trackback:0 comment:0 

今がチャンス!! WileyのEブックトライアル

附属図書館では、Wiley-Blackwell社が提供するEブック(電子ブック)サービス「Wiley Online Library」のトライアルを実施いたします。
http://www.libra.titech.ac.jp/news/201310Wileyebooks_trial.html

今回のトライアルの利用結果は、今後タイトル購入における検討材料とする予定で、この機会の活用を付属図書館では推進しています。
実施期間は2014年2月28日(金)までとなっています。


豊富な品揃え!!
公式の案内では何故かタイトルが「化学・工学・ライフサイエンス・人文社会科学を含む全分野・全タイトル約14,000点が利用可能です。」となっていますが、当然、これ以外の数学、物理学、天文学、地質学など様々な分野が利用可能です。
公式の案内には膨大なリストとなったExcelファイルがありますので、そこから興味ある分野をCtrl+Fなどで検索してみるとよいでしょう。
通常では有料である膨大な量の電子書籍が学内ネットワークに接続した端末から無料にて閲覧が可能になります。
全文はPDFにて利用可能で、事前登録などの作業は一切不要です。
もしかすると、この期間以降、来年度から恒常的に利用可能になるのかもしれませんが、現段階ではわかりません。
折角の機会ですから、今を逃さないようにしておくと良いと思います。
一度くらい、Excelファイルのリストに目を通して欲しい書籍を探してみてはいかがでしょうか?!
テーマ : 大学生活
ジャンル : 学校・教育

Tag:サービス紹介  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

学生超支援課

Author:学生超支援課
Titechのマジメな学生をマジメにフザケながらサポートする非公式組織です。
※東京工業大学と公式な繋がりはありません。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR