東工大院試の過去問

東京工業大学の公式サイトには修士課程・専門職学位課程入試の過去問題を掲載しています。
学科ごとに一覧になっています。

http://www.titech.ac.jp/graduate_school/admissions/past_exam_papers.html

公式のサイトには1年分の院試過去問しか載っていませんが、
それぞれの学科のサイトに行くと、複数年度分の院試の過去問が載っていたりしますので、
よく確認してみましょう。

大学入試と違って、大学院入試は研究室の戦力を採用するための試験になるため、
どういう学生を取りたいか、教員の専門分野にかなり依存してます。

過去問だけでなく、自分の行きたい専攻の教員の担当している授業や研究テーマをしっかりと抑えて
対策勉強をすることが重要になります。

それにしても、うわーー。
これ見ると自分は二度と東工大の院に入れない気がしてくるぞ…w




スポンサーサイト

Tag:サービス紹介  Trackback:0 comment:0 

物理Cはちゃんと履修して熱力学を身に着けよう

東工大の悪いサークルが、水曜を練習や活動にあてたいがために、
水曜午前にある物理Cを「取らなくても単位は揃う」として新入生に宣伝しているの、
本当にやめてほしいですね。

理工系基礎科目の単位はたしかに物理Cがなくても揃うけどさ…

波動も熱力学も、理系なら死ぬほど使います。

たしかにあとでまた習いますが、そのときに少しでも基礎がないとめちゃくちゃ大変です。

少しでもみんなの熱力学の勉強にと、リンクを張っておきます。

熱力学第2法則ノート






Tag:授業  Trackback:0 comment:0 

春ですね

暖かくなってきましたねー

大岡山も桜が咲いてます。



Tag:雑記  Trackback:0 comment:0 

日本のIT没落とデスマーチ…YRPでの惨劇を記録する

諸外国に比べて日本のIT産業の荒廃ぶりは目に余ります。

開発現場でのデスマーチは悲惨です。

今日はデスマーチの悲惨な現実を綴った有名な文章『軍曹が携帯電話開発の現状を語る』を紹介します。

 『軍曹が携帯電話開発の現状を語る』へのリンク

「俺たちは、仕様も知らされぬまま横須賀に送り込まれた。」という書き出しではじまるこの投稿。

京浜急行を下っていくとYRP野比という変わった駅名があります。

アンサイクロペディアによると、YRPとはヨコスカ・リサーチ・プリズンの略称、直訳すると横須賀研究開発刑務所。

YRPでの労働環境はデスマーチの中のデスマーチと言われるほど過酷を極め、逃亡を図る者や過労死、うつ病での自殺者が絶えないと噂される。

東工大の卒業生はIT産業への就職も多く、デスマーチで命を落とす者が身近にいるかもしれません。

さらに東工大では、リーディング大学院プロジェクトの1つであるグローバルリーダー教育院がYRPの施設を使って研修を行っていることで有名かもしれません。

新しい時代のリーダーには、このような悲惨なデスマーチが起きないように、過去の惨劇を学んでほしい、そう思いリンクを紹介します。

Tag:雑記  Trackback:0 comment:0 

最強の深層学習マシンTSUBAME3.0 ついに現る!

東京工業大学 学術国際情報センターでは、国内最大となる深層学習(ディープラーニング)の演算性能を持つスーパーコンピュータの次世代機「TSUBAME3.0」を2017年7月末頃に稼働予定。




米エヌビディアのPascal世代GPU(グラフィックス処理プロセッサ)「Tesla P100」を2160個搭載。
これまでのTSUBAME2.5 の科学技術計算に加え、人工知能(AI)やビッグデータ分析といった産業用途に近い分野での活用を見込む。

米国ヒューレット・パッカードのグループである日本SGIがTSUBAME3.0の構築担う。5年間利用料、お値段なんと約34億円(税別)!これはお買い得ですよ!

理論演算性能は、深層学習の演算に使えるデータサイズ16ビットの半精度演算で47.2ペタFLOPS(1秒当たりの浮動小数点演算回数)。継続稼働する現行機「TSUBAME2.5」と合わせると圧倒的計算力の64.3ペタFLOPSとなる。

さらにそれだけではありません、このTSUBAME3.0、超省エネ性能を誇ろうとしています。今の時代、数の暴力で年間数十億円の電気代をかければスパコンはいくらでも大きくなるが現実的ではない。液浸スパコンTSUBAME-KFCなどの知見も活かして、TSUBAME3.0は圧倒的な省エネスパコンになる予定です。

TSUBAME3.0が稼働すれば、日本にグーグルに伍する深層学習インフラを提供することになる。「人工知能の分野で、米グーグルなど海外勢に伍するだけのインフラを提供する」というものだ。国内の研究者やエンジニアは、産業技術総合研究所が構築する「AI橋渡しクラウド(ABCI)」と合わせ、2017年までに200ペタ、つまり0.2エクサFLOPSの演算性能を使えるようになる。

安く、省エネに、「みんなのスパコン」。TSUBAMEの今後の躍進に期待です。



元記事: http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/column/14/346926/021600828/?n_cid=nbpitp_twbn_top&rt=nocnt

Tag:サービス紹介  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

学生超支援課

Author:学生超支援課
Titechのマジメな学生をマジメにフザケながらサポートする非公式組織です。
※東京工業大学と公式な繋がりはありません。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR