東工大のボカロなサウンドロゴで悪ふざけをするものじゃない

2010年、東工大のサウンドロゴが完成しました。
http://www.titech.ac.jp/about/overview/logo/audio_logo.html


作曲したのは東工大出身の河野土洋(かんのくにひろ)。サザエさんなどの音楽を作っているらしい。
しかもその声はルカというボカロ。
それを悪ふざけに使うと以下のような名曲が爆誕するのである。

『東工大のサウンドロゴで悪ふざけをするものじゃない』

本当に名曲なので、東京工業大学の公式に認めてほしい。

東京工業大学 百年記念館

スポンサーサイト

Tag:サービス紹介  Trackback:0 comment:0 

金曜ロードショーでジブリ

今年も金曜ロードショーでジブリをやるようですねー

今年は崖の上のポニョ天空の城ラピュタだそうです。

どちらも大好きな作品です。

Tag:雑記  Trackback:0 comment:0 

東京工業大学で地球化学会

東京工業大学の大岡山キャンパス内で2017年度 日本地球化学会第64回年会が開かれています。
一般向けにも「日本地球化学会市民講演会」と「アウトリーチイベント」が開催されます。
 http://www.geochem.jp/conf/2017/outline.html

2017年度日本地球化学会市民講演会
テーマ:宇宙・地球・生命 ― 地球化学が読み解く水の役割
日本地球化学会主催・東工大ELSI共催
地球化学会市民科学講座
開催日時:
年会開催翌日9月16日(土)13:00-16:00
場所:
東工大大岡山キャンパスELSI-1 Hall
開催内容:
招待講演3つ+講演者によるパネルディスカッション**
講演者(敬称略)および講演タイトル
薮田ひかる/広大 宇宙:太陽系天体の進化における水の役割
平林由希子/東大 環境:安定同位体システムから読み解く水循環および地球環境変動
古川善博/東北大 生命:地球初期生命の進化における水の役割

アウトリーチイベント
(市民講演会の一部として同日開催、ELSI広報と共同企画)

タイトル:
惑星を小麦で作ってみよう!
小麦粉で地球を作ってみよう
開催日時:
9月16日(土)10:00-12:00
目的:
実際の体験に基づき,惑星の多様性(内部構造・表層環境)を学ぶ
内容:
参加者は,地球・水星・火星の中から一つを選んで,核・マントル・地殻の三層を小麦粉粘土で作ります。
それぞれの惑星の内部構造の共通点や違いを体験しながら楽しく学ぶことができるイベントです。
東京工業大学 地球生命研究所の研究員が分かりやすく説明します。

Tag:告知  Trackback:0 comment:0 

教えるのは「学び続ける姿勢」


https://www.businessinsider.jp/post-34866

理工系の国立大学である東京工業大学は2016年6月、学士から博士課程の合計9年間にわたってリベラルアーツ教育を行う、リベラルアーツ研究教育院を設置した。
配する講師陣はジャーナリストの池上彰氏、小説家の磯崎憲一郎氏など、著名な人文社会学系の学者や文化人だ。
導入から1年、東工大生はリベラルアーツ教育でどう変わったのか。
「役に立つ」教育が生む評価に最適化された学生たち
「100人のクラスで課題を出す。すると、必ず1人は『この課題の評価軸はなんですか』と聞いてくる。伝えると、みんなその評価基準に最適化された、ほとんど同じレポートを出してくる」
リベラルアーツ研究教育院長である上田紀行教授は東工大生の一面をこんな風に形容する。
決められたシステムの中で出された問いに対して、効率的に最適解を出す能力のある東工大生。しかしその思考からは、既存のものを壊して新しいものを生み出していくイノベーションは生まれない。それどころか、評価軸を与えさえすれば疑わずに最適解を出せる人間は、権力者にとって支配することも簡単だ。
日本の大学教育は今岐路に立っている。実学重視の大学教育を求める声は経済界を中心に大きい。大学の現場ではそうした「すぐに役に立つ」教育への偏重から生まれた、効率化・成果主義重視の学生たちに対する危機感が高まっている。
MITで教えるのは「学び続ける姿勢」
続きは、https://www.businessinsider.jp/post-34866にて。

Tag:授業  Trackback:0 comment:0 

学振DCの面接会場の様子について

まだまだ暑いですが、皆さん進捗どうですか。
もうこの暑さもあっという間に終わってしまい、きっとすぐに学振の結果が降ってきます。
つらいですね。


さて今日は、学振DCの面接会場の様子について、とても詳細な記録があったので紹介します。


planetscope 学振DC面接 体験内容


正直なところ、面接の雰囲気やどんな質問をされるかなどは、分野によって大きく違います。
しかし、会場の見取り図とか、段取りとか、そういうハード面は同じだと思うので、上の紹介した記事はその点に特化しているからよく読んでおいたら良いと思います。

テーマ : 大学生活
ジャンル : 学校・教育

Tag:サービス紹介  Trackback:0 comment:0 

プロフィール

学生超支援課

Author:学生超支援課
Titechのマジメな学生をマジメにフザケながらサポートする非公式組織です。
※東京工業大学と公式な繋がりはありません。

最新トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR